トレンド情報

プロモーションの活動には必須?「バズる」ために必要なこと

広告費を使わずに認知を広めたい…ファンを育成したい…バズらせて…
そんなことをお考えの企業も多いと思います。
今回は、「バズる」と紙一重の炎上と企業のプロモーションについて考えてみたいと思います。
※本記事は、2019年3月14日に公開された記事を一部再編集しております。

「バズる」ことがプロモーション成功のカギ

せっかくプロモーション費用をかけるのであれば、話題性を持たせたい、と考えるのは自然なことでしょう。

インターネット上で口コミなどを通じて話題となることを表す「バズる」という言葉があります。

プロモーションが「バズる」ことで、爆発的に多くの人に取り上げられ、企業や製品、サービスの認知度を上げることができます。

話題の有名人を起用したり、若い世代に人気のあるSNSと連動させることにより、さらに広い層への拡散を狙ったり、企業はプロモーション成功のために様々な施策を行っています。

プロモーションの成功には、「バズる」ことが重要なポイントであるといってもいいでしょう。

「バズ」を狙うために意図的に過激な内容に

では、「バズる」とプロモーションは成功した、といえるのでしょうか?

問題は、「どのように、バズるか」なのです。

一歩間違えば完全に目算が外れ、全世界にネガティブな意味で解釈され伝わってしまうリスクも考慮しなければなりません。

「バズる」ことを狙うばかりに、過激な内容のプロモーションとなってしまい、結果的に批判の声が増え、企業の炎上へとつながってしまうケースも少なくはありません。

「バズる」と「炎上」は紙一重なのです。

炎上を防ぐための「攻め」と「守り」

批判を恐れ無難なプロモーションになってしまえば、そもそものプロモーション効果が低くなってしまいます。内容を過激にしてでも「攻めのプロモーションをしたい」と考えるマーケティング担当者も多いのではないでしょうか。

しかし、「バズる」ことで多くの人に広まった結果、ネガティブな意見が多くなり、炎上に繋がってしまった場合、一定期間が過ぎると「バズった」経緯や理由は忘れ去られ、単純に「炎上した企業」という事実だけが残ります。そして、その事実は企業のイメージに大きな損失を与えてしまいます。

そこで肝心なのが、「攻め」と「守り」のバランスです。

プロモーションを実施する際は、効果的なプロモーションと炎上防止の観点から、事前にどのようなリスクが起こる可能性があるのか、企業の方針としてどの程度のリスクならば許容するのか、つまり「攻め」の範囲を事前に決めておくことが重要です。その上で「守り」の部分、プロモーション開始後から一定期間ネット上の反響をモニタリングするなどのリスクを押さえたプロモーションを行っていくことが重要です。

「攻め」と「守り」のバランスを保ちつつ、「バズる」プロモーションを行うことが、今企業に求められています。
この記事を書いた人

デジタルリスクラボ編集部
デジタルリスクラボ編集部の研究員が更新。
今の時代に沿った新しいリスクの解決メディア。