リスクレポート

ネット炎上レポート 2021年5月版

2021年5月の炎上事例を調査・分析し、ネット炎上の傾向をまとめたレポートとしてご報告いたします。

ネット炎上レポートとは

株式会社エルテスでは、公開されているSNSデータを独自に収集・分析を行い、2019年8月より月次でのネット炎上レポートを公開しております。企業の広報やリスク管理を行う方々に炎上トレンドをお伝えすることで、自社のレピュテーション保護を行っていただきたいという想いを持ち、作成しております。

また、これら炎上事例は、下記の“エルテスの定義するネット炎上”を満たす事例を抽出し、分析を行っております。

エルテスの定義するネット炎上
▼前提条件
以下の二つの条件を満たしている必要がある
1.批判や非難が発生している(ポジティブな共感の拡散等ではない)
2.対象に対する批判の投稿量が、通常時と比較しても有意に多い状態。

▼定義
ネット炎上とは、オフライン・オンラインでの行動や発言に対して、ネット上で批判が殺到し、拡散している状態を指します。対象に対する批判の投稿量が、通常時と比較して有意に多いことが条件となります。

▼炎上事例の収集方法
SNSやメディアの中で、批判が殺到しやすい媒体を複数選定し、常時ウォッチング。その中で、上記の条件を満たす事象を確認した場合、炎上事例と認定しています。

2021年5月のネット炎上トレンド

5月は「企業・団体」による炎上が一番多く、先月と比較して4ポイント増加の75%の結果となりました。続いて「個人・著名人」、「マスメディア」による炎上が共に6%、政治関連を含む「その他」は5ポイント増加して13%を占めています。「個人・著名人」による炎上は、昨年以降平均的に10%を上回っていましたが、5月は6%と低い数値となっています。

「企業・団体」炎上区分の内訳は、「自治体・団体」が15ポイント増加し全体の28%を占めました。次いで「サービス」は6ポイント低下の17%、「メーカー」は4ポイント低下の13%、「IT」は5ポイント増加の11%、「教育機関」は4ポイント低下の6%の結果となりました。(図1)

図1_グラフ_炎上対象区分収集データを元にエルテスが作成

「企業・団体」を対象とする炎上内容では「顧客クレーム・批判」が前回より23ポイント増加し全体の46%を占めています。次いで「不適切発言・行為、失言」は25ポイント減少し40%ですが、非常に高い割合です。「情報漏えい/内部告発」は8ポイント増加し14%となりました。
「情報漏えい/内部告発」に関して、先月は最近の数値からすると珍しく10%を下回る低い数値でしたが、5月は従来通り高い数値となっています。 (図2)

図2_グラフ_企業・団体が対象となった炎上内容区分収集データを元にエルテスが作成

自治体・団体による炎上が増加

5月は「企業・団体」による炎上の中でも特に「自治体・団体」による炎上が大幅に増加しました。
大幅な増加の背景には、以下2つの炎上が大きく影響しています。

①東京オリンピック・パラリンピックに関する炎上
②SNSの誹謗中傷防止を啓発する団体の炎上

①東京オリンピック・パラリンピックに関する炎上

①の東京オリンピック・パラリンピックは6月現在でも開催の賛否が問われ、日本全体が大きく注目している事象です。まずは注目度が高いということが、炎上の背景にあることは理解しておかなければなりません。
そして以下のように”東京オリンピック・パラリンピック”に関連する複数の事柄でそれぞれ炎上しています。

a.スポーツドクター200人を無償募集
b.東京五輪選手村の酒類の持ち込みが可能
c.都内公園にてパブリックビューイング目的で木の伐採
d.東京五輪エンジニア職の求人内容(報酬が安すぎる)

aとb、およびcは新型コロナウイルスが関連しています。
aは最前線でコロナウイルスに対応している医療従事者に対し無償は非常識だと批判が殺到し、bは一般人が規制されて選手は該当しないのは不平等だという論調です。cについては、この状況でパブリックビューイングを実施することに対する反対意見に加え、自然破壊につながるという視点での批判でした。

②SNSの誹謗中傷防止を啓発する団体の炎上

②の事例では、誹謗中傷の社会課題を解決する団体の代表自身が、過去にSNSで誹謗中傷ともとれる投稿を行っていたことで批判の対象となりました。更に、炎上の後に鍵付きのアカウントでフォロワー以外は非公開にしたことによって再度炎上しています。

近年、こうした過去の言動を掘り返す形で起きる炎上が増えています。
人の意見や感じ方は時間の経過とともに変化することがありますが、過去の話だと簡単に割り切ってもらえないのがネット上でのコミュニケーションの特徴です。
自分の発言に責任を持つことは基本ですが、こうした事例を認識してネットやSNSでの情報発信には注意を払い、正しく活用していきましょう。

謝罪で大炎上?謝罪文で気をつけるべきポイントは?炎上事件が発生してしまった場合は、謝罪文のリリースが主要な対応の一つになります。その謝罪文を適切な形で作成、公開しなければ、インターネット上でさらに騒動が拡大する可能性もあります。今回は、炎上をかえって盛り上げてしまうような謝罪文のパターンをいくつか見てみましょう。...

まとめ

近年の炎上が長引いたり、再炎上したりする一つのパターンとして挙げられるのは、あるクレームや不祥事などの炎上がきっかけで、過去のネット上での失言や不適切な行動を掘り返されることです。

また、炎上しそうなSNSでの投稿やブログや記事を発見すると、拡散される初期段階でデータを残そうとする人が一定数いること、Web上のデータを保存する目的のサービスが存在することも認識しておくべきでしょう。
発信した内容や取組みが良い情報だったとしても、過去の失言や不適切な行動に足を引っ張られて説得力が無くなってしまうことは非常に残念なことです。

まずは、様々な立場から考えて自身の発言は反感を買ってしまう可能性がないか?情報発信する内容は伝えたい人に正しく伝わる工夫が出来ているか?を今一度見直す必要があります。
そして、過去を掘り返されて炎上しない為には、一度発生した炎上に真摯に向き合い、顧客や世間が納得する形で鎮火させること、二度と同じ事象が起きないように再発防止に努めることが大切です。

デジタルリスクラボの記事の他に、エルテスのHP上でリスクを分かり易く解説した記事も公開しておりますので、是非ネットやSNSに関する知識を深めるために活用してみてください。

「デジタルリスクって何?」と思ったことはありませんか?主なリスクや対策方法を詳しく知りたい方はこちら

Webリスクモニタリング
Powerd by Eltes

デジタルリスクラボ編集部

デジタルリスクラボは、株式会社エルテスが、デジタルリスクから「企業成長」と「個人のキャリア」を守るためのメディアとして運営。株式会社エルテスが提供するデジタルリスク対策サービスは、こちら