炎上事例

GWに再確認。長期休暇前に気をつけるべきSNSリスクチェック

先日、IPA(情報処理推進機構)は、「ゴールデンウィークにおける情報セキュリティに関する注意喚起」を発表しました。2019年のGWは10連休です。旅行やイベント、、、楽しいGWですが、長期休暇だからこそ気を付けるべきデジタルリスクがあります。今回のコラムでは、特にSNSに関わるデジタルリスクに注目します。GW前に再度チェックをください。
※本記事は、2019年4月24日に公開された記事を一部再編集しております。

2019年のゴールデンウィークは10連休

5月1日に皇太子殿下が新天皇に即位されるため、10日間の超大型連休となります。同時に5月1日に年号が「令和」に改元されます。
既に観光地の混雑や、渋滞、サービス業の人手不足などの混乱も考えられますが、SNSにおいても様々なリスクが考えられます。
今回は、SNS利用者・企業のSNS担当者のそれぞれの立場から、長期休暇におけるデジタルリスクをご紹介します。

SNS利用者側のリスク

SNS投稿内容に注意

長期休暇中に、家族や友人と旅行に行ったり、イベントに参加する方も多いのではないでしょうか?写真や動画をSNSに投稿する機会も増えるでしょう。
もしかしたら、その投稿が炎上の発生源となってしまうかもしれません。自分では問題ないと思う投稿も、受け手によっては不適切と捉われてしまう可能性もあります。

一度炎上した投稿は想像以上の速度で拡散し、元の投稿を削除しても、炎上の収束はできません。そして、最も恐れるべき事態は、あなたの投稿した内容を、第3者がスクリーンショット等で保存しSNSに投稿してしまうことです。自身の投稿を削除したとしても、第3者の投稿はWeb上から削除されず、残り続けます。
SNSに投稿する文面や画像、動画は、知らない人が見ても不快感を感じないかを一度見直すなど注意を払いましょう。

SNS投稿タイミングに注意

自分の状況をタイムリーにSNSに投稿する行為は、自分の居場所を全世界に向け発信していることと同じです。
内容によっては、悪意のある第3者に居場所が特定されたり、家が留守だと知られ、新たな被害が発生する可能性があります。時間差をつけて投稿するなどの注意が必要です。

SNS担当者のリスク

炎上時の初期対応が遅れる

SNS運用担当者、広報担当者が長期休暇をとる企業がほとんどかと思われます。

自社の製品や施設に関する炎上が発生した場合、通常と比べて、検知が遅れてしまい初期対応が遅れるといった想定がされます。休暇中のSNSモニタリングの実施や炎上発生時の緊急連絡先(プライベートの連絡手段含む)を確認し、対策を考える必要があります。

責任者が不在で意思決定が出来ない

普段の休日と異なり、長期休暇は海外旅行に行ったりと、緊急連絡先を把握していても、連絡がつかないケースも想定されます。その場合、炎上時の対応でマニュアルが完備されていたとしても、責任者が不在で意思決定できず、身動きが取れず、被害が拡大してしまうケースもあります。普段の休日と同じ備えでは、対応できないケースもあります。

プライベートに関わるので、どこまで情報を公開するかは企業にもよりますが、関係者が連絡と取れる日を確認し、日付ごとに責任者を決める方法も有効な手段となります。

機密情報がSNSに拡散されてしまう

長期休暇中の緊急時の対応に備えて、社用デバイスを社外に持ち出す可能性があります。海外や帰省先にまで持っていくかもしれません。その場合、普段使用しないネットワークへの接続や、デジタルデバイス、紙の機密資料の盗難紛失といった理由から情報漏洩が発生してしまう可能性があります。その情報がSNS上で一斉に拡散されてしまうと、取り返しのつかなくなってしまいます。
機器やデータの持ち出しルールを改めて周知するなどの対策を行いましょう。

どこでも仕事が出来る便利さの裏側に潜むリスクにも注意が必要です。

SNS利用者もSNS担当者も、それぞれのデジタルリスクを把握・管理し、楽しいゴールデンウィークを過ごしましょう。

この記事を書いた人

デジタルリスクラボ編集部
デジタルリスクラボ編集部の研究員が更新。
今の時代に沿った新しいリスクの解決メディア。