炎上事例

Twitterから逮捕?交通事故の加害者のTweetから警察が動くまで!

2016年6月、専修学校の学生が峠を運転中に先行車に異常に接近する煽り運転を行い横転させたことをツイートしたところ、被害者本人に見つかりました。Web上では炎上状態となり、学生の過去のツイートから、氏名、通学先及び車両番号等の個人情報が割り出されて、Web上で拡散されました。
※本記事は、2016年6月15日に公開された記事を一部再編集しております。

SNSは世界中に公開されている

今さらながらWebは全世界でつながっているため、Twitterを非公開に設定していない限り相手方に見つかる可能性はあります。しかも、この学生は峠の地名と共にTweetしたため、発見は比較的容易であったでしょう。

本件の被害者は学生のアカウントを見つけたものの個人特定までは行いませんでしたが、被害者にTwitterアカウントが見つかるという稀有なケースであったため、Web上で話題となり、ネットユーザによって個人の特定が行われました。

炎上回避のためのソーシャルリスク研修

今回の炎上は学生によるものでしたが、社会人の場合は、勤務先が特定され、炎上が勤務先に飛び火することも少なくありません。

多くの従業員を抱える企業は、従業員によるネット炎上リスクも同時に抱えています。リスク回避のためには従業員へのソーシャルリスク研修が必要です。

最も今回の学生は、ソーシャルリスク云々の前にそもそも危険行為を行わない社会性を身に付ける必要があります。しかし、学生ならまだしも企業が従業員の私生活についての指導を完全に行き届かせることは無理があります。

また、炎上の対象となるのは必ずしも反社会的行為だけではなく実に様々なケースが存在します。

反社会的行為を行わないことはソーシャルリスク対策以前の問題として当然ですが、それだけでは炎上を回避するのに十分ではありません。
従業員にソーシャルメディアにおけるどのような言動が炎上につながるのかを体系的に分かりやすく学ぶ場を提供し、公開状態等の基本的な設定方法を確認させ、演習等を通じて理解度を確認することが必要です。

個人特定の注意点

本件学生のアカウントは全公開の状態になっていました。個人が特定される可能性のあるアカウントでは、公開状態設定とフォローの許可を適切に行うことが重要です。また、個人情報を記載したつもりがなくても、断片的な情報から個人を特定することは可能です。

特に画像は背景にも多くの情報を含むため注意が必要です。また、自分のアカウントには個人を特定する情報が一切なかったとしても、フォローしているアカウントから個人が特定されることもあります。

デジタルリスクラボ編集部


デジタル化社会の新しいリスクの解決メディアとして運営。
デジタルリスクラボに関する詳しい情報は、こちら