デジタルリスクラボとは

デジタルリスクラボは、株式会社エルテスが運営するメディアです。

テクノロジーの発展は、様々なものをデジタル化させ、利便性の向上に寄与してきました。そのおかげで、私たちは豊かな生活を享受しています。

しかし、便利な反面、新たなリスク(SNS炎上、情報漏洩、風評被害)が生まれているのも事実です。

デジタル化の新しい経営リスク

このような時代背景から、企業はデジタル化に伴うリスク対策をBCPの観点からも実施することが非常に重要になっていくことが予想されます。
また、デジタル社会の変化のスピードは速く、社内で専門家を抱えることは難しいというのが現状かと思います。
だからこそ、SNSの登場に合わせていち早くソーシャルリスクに取り組んできたエルテスが、ソーシャルリスクに留まらず、デジタル化に伴い発生する様々なリスクの対策サービスを提供すると共に、メディアを立ち上げ、啓蒙活動を行っていきます。 

デジタルリスクとは

自動車が普及して、交通事故というリスクが認知されるようになりました。同様に、デジタル化によって、新しいリスクが発生しています。
そのようなリスクを私達は、デジタルリスクと総称しています。

そして、8年前から企業経営の新しいリスクとして、予防、検知、対策というトータルでのソリューション提供を行っています。

デジタルの特徴

あっという間に情報が浸透、拡散する
SNSで発信された場合、同時に何万人という人数にリーチする
・盗まれたことに気づかない
書類は盗まれていないが、写真を撮られたことで、情報が拡散する
・真似されやすい
コピーするにしても、書き写す手段しかなかったが、簡単にコピーできる
・ルールや作法が決まっていない
デジタル化の変化が速く、ルール、作法作りが間に合ってない

「デジタルリスクに、盾を。」

自動車に乗るための法律が定められ、人々は免許を取り、保険に入る、定期点検を行うというリスク対策が一般化したように、今後、デジタルを使うための法律が定められ、私たちは正しいリテラシーを持ち、定期的なリスクの確認を行うことが必要な世の中になっていくと考えています。

このような社会課題となりうる、自社を守るためデジタルリスクに立ち向かう方々をサポートしていくことが本メディアの目的です。

デジタルリスクラボ 編集長

■会社概要


社名     :株式会社エルテス
代表者    :代表取締役 菅原貴弘
所在地    :東京都千代田区霞が関3丁目2番5号
創業     :2004年4月28日
資本金    :767,278,560円(2019年2月末日時点)
URL     :https://eltes.co.jp/
事業内容   :リスク検知に特化したビッグデータ解析によるソリューションの提供